假屋崎流花教室 規約

1~5条

6~10条

11~16条

第1条 利用規約と適用範囲

1. この「假屋崎省吾花教室」規約(以下、「本規約」といいます)は、假屋崎省吾花教室(以下、「本スクール」といいます)がKariyazaki Hana Salon で契約書に同意いただいた生徒であり、本スクールを利用される受講生(以下、「受講生」といいます)に提供するサービス、その他の事項について定めたものです。
2. 本規約は、本スクールの全受講生に適用されます。
3. 本スクールを利用いただくためには、本規約に同意していただく必要があります。本スクール所定の会員入会登録手続を経て、本スクールを利用される受講生は、本規約の全ての条項に同意されたものとみなします。本規約全ての条項に同意できない受講生は、本スクールをご利用できません。
4. 本スクールは、受講生の承諾なく、細則を含む本規約を変更することがあります。この場合は、常に最新の規約が有効になるものとします。ただし、変更された本規約に同意できない受講生は、本規約第10 条第1 項に従い、本スクールの利用を中止することができるものとします。

第2条 サービスの概要

1. 本スクールは、本スクールに入会登録した受講生のみを対象とした、会員専用のスクールです。
2. 本スクールは、受講生に対し、「草月流コース」と「假屋崎スタイルコース」の2 コースを提供し、教科書に順じてカリキュラムを行います。
3. 本スクールは、本スクールが提供する各種講座の受講生に対し、学習支援、学習情報の提供、受講生同士の交流支援、独立支援、アーティスト支援なども提供しており、本スクールの受講生でない方はこのサービスを受けられません。
4. 本スクールが各受講者に提供するコンテンツやサービスは、受講生の受講講座や受講開始時期などによって異なります。受講者に提供するコンテンツやサービスは、本スクールが有する受講生の受講情報に基づき、本スクールが定めるものとします。
5. 本スクールの企画・運営・管理は、笑5株式会社(以下、「当社」といいます)が行います。また、各コンテンツやサービスの提供も、コンテンツやサービスごとに定めた当社の各担当者が行います。
6. 本スクールの利用に関連して、受講生と本スクールスタッフとの間で交わされた個別の連絡(事務局から受講生への連絡)や質問回答なども、本規約に基づいたサービスの一部とみなします。
7. 本スクールの利用に関しては、入会金 50,000 円(税込)、月謝 30,000 円/ 月(税込)、追加受講1 単位 10,000 円(税込)、不定期で行われる特別セミナー受講費、進級試験受験費用、免状及びディプロマ申請費用等が発生します。

第3条 利用者の設備等

本スクールは、假屋崎省吾私邸内の花サロンを借りて運営を行っています。以下の事に注意をした行動を心掛けて下さい。
(1) 近隣にお住いの方に留意し、花サロンのエントランスを出たら大声での会話を控える。
(2) 本スクール内の什器・備品の取り扱いには十分に注意する。
(3) 本スクール内の備品や設備で盗難・損壊があった際には、損害賠償又は修理費用を請求する場合もあります。
(4) 本スクール内で発生した事故や怪我への責任は、一切負いません。持病をお持ちの方は、事前にサロンアンバサダーまたはスクールスタッフまでご相談下さい。
(5) 受講生間での金銭享受、契約の締結、勧誘行為は一切禁止です。
(6) 花サロン内での盗難紛失の責任は一切負いません。貴重品の管理は各自で行うこと。
(7) 花サロンは、本スクール利用時は土足厳禁としています。各自上履きをご持参下さい。
(8) タバコを吸われる方は、花サロン玄関前の所定の場所で吸って下さい。花サロン内での火気使用は一切禁止です。

第4条 入会登録について

1. 本スクールをご利用いただくには、まず入会登録が必要です。入会登録は、必ず入会を希望する本人(以下、「入会希望者」といいます) が、入会登録のための書式にご自身に関する真実かつ正確な情報を入力し、本スクールに提出してください。
2. 前項の提出及び入会金、初月分の月謝の支払い完了をもって、正式な受講生となり、本スクールの利用が可能になります。
3. 入会希望者が、過去に本規約に違反するなどして入会登録を抹消されたことがある場合、その他本スクールが受講生として不適当と判断した場合には、入会登録をお断りすることがあります。また、入会登録完了後であっても、本スクールは、本規約第7条により、入会登録を抹消することがあります。
4. 18歳未満の受講生が入会登録をする場合は、保護者の承諾が必要となります。

第5条 退会について

1. 受講生が本スクールの退会を希望する場合は、退会日より2 ヶ月以上前に受講生本人から退会申請書を提出する必要があります。本スクールは、本規約に基づき、退会申請書提出から2 ヶ月後までに退会手続きを行い、退会させるものとします。また、授業の繰り越し分についても、退会日当日までに消化するものとし、退会日以降の受講は一切認めないものとする。
また、授業の繰り越し分についても、退会日当日までに消化するものとし、退会日以降の受講は一切認めないものとする。
2. 本規約第7条により受講生の入会登録を抹消したとき、又は本規約第10 条1 項による利用中止の申請があったときは、本スクールは、本規約に基づき、直ちに退会手続を行 い、退会させるものとします。
退会の際、退会もしくは休会の申請又は入会登録抹消のあった月の翌々月末までの月謝を徴収するものとし、3 ヶ月目以降について残金が発生する場合は、次の項に基づき返金するものとします。ただし、月謝の初回自動引き落とし実行前における退会については月謝1 ヶ月分を徴収するものとします。
4. 入会から1ヶ月未満での退会の場合、授業の出欠の可否に拘わらず、1 ヶ月分の月謝を徴収します。また、入会金5 万円の返金も一切しないものとします。

第6条 お客様番号とパスワードの管理

1. 本スクールのオンライン予約およびホームページ内マイページ利用時には、お客様番号とパスワードが必要になります。お客様番号は本スクールが発行し、パスワードは、受講生が決定したものを使用します。
2. 受講生は、自己の責任で、パスワードを管理するものとします。パスワードが漏洩し、不正に使用されるなど受講生に生じた損害については、当該受講生の故意過失の有無にかかわらず、本スクール及び当社は一切その責任を負いません。パスワードの変更に関しましては、受講生自身の管理の下、各自行うものとします。
3. 受講生のお客様番号とパスワードを利用して行われた行為は、すべて当該受講生によるものとみなし、それについて本スクール及び当社は一切その責任を負いません。
4. 受講生は、お客様番号とパスワードを第三者に譲渡し、又は利用させることはできません。

第7条 遵守事項

受講生は、本スクールにおいて、別紙に記載している本スクール規約の揚げる行為をしてはならないものとします。そのいずれかに該当する行為を行った場合、またはその行為を行う恐れのある場合、本スクールは当該受講生に対し、口頭および電子メール、電話、郵便などによる注意や警告、または本スクールの入会登録抹消の措置をとることがあります。この場合、本スクールは、受講生の行為に起因して本スクールが被った損害等の賠償を受講生に請求することがあります。

第8条 著作物の権利

1. 本スクールにおけるテキスト・文書・画像・音声・プログラム等一切に関する著作権その他知的財産権は、本スクールまたは各講座主宰者に帰属するものとします。
2. 受講生は、本スクールを利用することによって、著作物のコピーを取得した場合においても、当該著作物の権利者の事前の承諾なしに、当該著作物のコピーの全部または一部を開示・公開・複製・転載・頒布・改変してはならないものとします。

第9条 個人情報の管理と保護

本スクール及び当社では、個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守し、受講生の大切な個人情報の保護に万全を尽くします。
個人情報の収集について
本スクール及び当社では、次のような場合に必要な範囲で個人情報を収集することがあります。
○ 本スクールへのお問い合わせ時
○ 本スクールへのサービスお申し込み時
個人情報の利用目的について
本スクール及び当社は、受講生から収集した個人情報を次の目的で利用いたします。
○ 受講生への連絡のため
○ 受講生からのお問い合せに対する回答のため
○ 受講生へのサービス・情報提供のため
個人情報の第三者への提供について
本スクール及び当社では、受講生より取得した個人情報を第三者に開示または提供することはありません。
ただし、次の場合は除きます。
○ 受講生ご本人の同意がある場合
○ 警察からの要請など、官公署からの要請の場合
○ 法令の適用を受ける場合
個人情報の開示、訂正等について
本スクール及び当社は、受講生ご本人からの自己情報の開示、訂正、削除等のお求めがあった場合は、確実に応じます。
個人情報保護に関するお問い合わせ先
TEL: 03-6712-6873
Kariyazaki Flower Professional Education School

第10条 入会登録の抹消と休会の制限

受講生は、一定期間の休会を希望する場合、開始時期の1 ヶ月前までに休会申請手続きを行うものとし、本スクールの利用を一時休会することができます。また、一度受講を休会したとしても、本規約第4条3項に該当する場合を除き、所定の受講復活手続きを行うことで、本スクールの利用を再開することができます。但し、休会期間が6 ヶ月間以上で、次期受講開始時期が決まっている受講生に限り、休会を認めるものとする。休会期間が6 ヶ月未満の場合は、振替期限を3 ヶ月から6 ヶ月まで延長できるものとし、その期限内までに振替受講分を消化するものとする。また、休会期間が6 ヶ月以上で、次期受講開始時期が未定で1 年以上を要する可能性のある場合は、本スクールの判断で退会措置をとる場合もあります。本スクールより、退会措置の条件を満たすと判断された際は、1 ヶ月分の月謝を追加で請求するものとする。

第11条 本スクールの責任

1. 本スクールは、本スクールを運営するための設備が正常に稼動するように維持します。また、本スクールの設置した設備に障害が生じたときには、すみやかに修理・復旧を行うものとします。
2. 受講生が本スクールを利用するにあたり、本スクールは、可能な限り、正確かつ有用な情報を提供するものとします。本スクールが受講生に提供する情報は、受講生の責任において活用してください。

第12条 サービスの停止

本スクールは、設備の保守上、運営上、工事上の都合又は任意の電気通信事業者もしくはプロバイダの都合により、本スクールのWEB サイト内のオンライン予約システムの全部又は一部の提供を停止することがあります。

第13条 受講生への通知

1. 本スクールは、次の各号に定める事由が発生したときは、その旨を対象となる受講生に通知するものとします。ただし、緊急の場合は、その限りではありません。
(1) 新しいサービスおよび機能の紹介と変更
(2) ある特定サービスの停止および終了
(3) 前条の場合
2. 本スクールは、特定の受講生に対して、本スクール利用に関する報告や依頼、注意などを個別に通知できるものとします。
3. 受講生への通知は、ソーシャルネットワーク、電話、郵便、電子メール又はFAX を利用して行います。通知が電子メールによって行われる場合は、本スクールから受講生のメールアドレス宛に電子メールを発信し、当該受講生側のサーバーに到着したことをもって、通知が完了したものとみなします。ドメイン指定の受信設定をしている受講生は、事前に「@kariyazaki.jp」のドメイン受信設定をしたものとみなします。
4. 受講生が正しい通知先を届け出なかった場合、または受講生側の事情により本スクールからの通知が到達しなかった場合は、通常到達すべきときに到達したものとみなします。

第14条 免責

1. 天災地変その他不可抗力または本規約で定める規定により、本スクールを開講できなかった場合、本スクール及び当社は一切その責任を負いません。
2. 本スクールが受講生に提供する情報に起因して受講生が損害を被ったとしても、本スクール及び当社は責任を負いません。何らかの理由で本スクール又は当社に責任があるとされた場合でも、本スクール及び当社は受講生に対して、その情報に起因して当該受講生が直接被った損害以外の損害について賠償する責任を負いません。
3. 前2 項の場合を除き、本スクールの受講生が損害を被ったとしても、本スクール又は当社に故意又は重過失がない限り、本スクール及び当社はその一切の責任を負いません。
4. 本スクール及び当社は、受講生が本スクールのオンラインシステムやダイレクトメールを通じて受信または送信するすべての情報について、設備の故障などによる不可抗力または本規約で定める規定により消失・削除されてしまったとしても、その一切の責任を負わないものとします。よって受講生は、本スクールへの送信情報についてバックアップをとっておくことをお勧めします。
5. 本スクールのプログラム・画像・ファイルなどの複製や改変、本スクールが配付または推奨した以外のプログラムの使用や利用方法により、受講生が何らかの被害を被ったとしても、本スクール及び当社はその一切の責任を負いません。
6. 受講生は、本スクールの利用に関連し、他の受講生または第三者との間で紛争が生じ、当該受講生または第三者から何らかの請求がなされ、または訴訟が提起された場合、当該受講生は、自らの費用負担と責任において当該請求または訴訟を解決するものとし、本スクール及び当社を一切免責するものとします。

第15条 合意管轄

受講生と本スクール又は当社との間における一切の訴訟については、東京地方裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第16条 準拠法

本規約の準拠法は日本法とします。
本規約は平成28年6月1日より実施します。